放送番組審議会平成30年度 放送番組審議会

平成30年度番組審議委員

遠藤 守信(会長) 信州大学 特別特任教授
岡埜 哲郎(副会長) 元YOUテレビ専務
小渕 晃 小布施町議会議員
川野 美知子 元須坂市教育委員長代理
中沢 正直 須坂市副市長
藤沢 敏和 高山村 副村長
丸山 康照 須高ケーブルテレビ 代表取締役社長
山上 万里奈 ゲストハウス経営
山岸 重幸 弁護士

(敬称略:五十音順)

平成30年度 第1回 放送番組審議会

日 時 平成30年5月11日(月) 15:30~17:30
場 所 STVシアタールーム
審議会委員(順不同) 遠藤守信氏、岡埜哲郎氏、中沢正直氏、川野美知子氏、小渕晃氏、藤沢敏和氏、山上万里奈氏、山岸重幸氏、丸山康照
事務局 成田優子、灰谷博史、山嵜貴宏、渡邊聖人、鈴木ひろみ、栗田雄樹、湯瀬永一、チャーチ敦子

1番組視聴「もうひとりの直虎~義を貫いた大名」を視聴して

合評

  • 全体的によくまとまっており、わかりやすい構成だった。特に章ごとにエピソードをまとめており、全体の概要がつかめた。
  • 全国向け番組を想定しているためか、須坂市の紹介もあり、地域のプロモーションとしても良かった。
  • 毛筆タイトルが効果的だった。
  • 堀直虎の生涯を多角的に取材しており、映像的にもドローンを駆使して迫力ある映像が多く番組のスケール感が大きくなった。
  • 地域のメディアだからこそできる、詳細で丁寧な作りの番組という印象を持った。
  • 今後の展開として、堀直虎を子どもたちに知ってもらうため、市内全小中学校の教材として観てもらうのもよいのではないか。
  • 堀直虎の「足跡(そくせき)」「遺跡(いせき)」などの言葉の使い方が、本来の意味と合致していないような場面もあり、整理すべき。
  • 須坂藩に関する説明の部分では、地図などを効果的にインサートすると分かりやすい。
  • 番組に協力していただいた方のクレジットを出してもよかったのではないか?
  • 小布施や高山の歴史的な人物についても、同様な番組を作ってほしい。
  • 誤字や脱字など番組制作の基本部分を今一度精査すべき。特に歴史番組やドキュメンタリー番組は細心の注意が必要。

2新年度の番組編成及び新番組について

  • 「北信濃の美景」
  • 「ママバレwithGARONS」
  • ニュースウォーカーミニ特集「郷愁の屋代線~廃線から6年~」
  • ニュースウォーカーアバンタイトル

3その他

  • 今年度の年間放送スケジュールについて
  • 総務省「放送コンテンツの海外展開事業」について
  • 日本ケーブルテレビ連盟共同企画 けーぶるにっぽん第11弾Beauty of Japan
  • 須高ケーブルテレビ制作番組「北信濃に暮らして~日本を感じる時」について

4ご意見・ご要望

  • ママさんバレー紹介番組『ママバレ』は、地域を須坂市と限定せず、高山村、小布施町も含めてチーム紹介してほしい。
  • リニューアルした「ニュースウォーカー」のアバンは、年4回程度(四季単位)で変えていくのはどうか。季節感を出した方がよい。

以上